サイトトップ

9月 « 2017 « ichikoTV

2017 年 9 月 のアーカイブ

貫徹!完徹

2017 年 9 月 29 日 金曜日

貫徹である。あれ?完全徹夜だから完徹・・・

脱力である。

なんでまた、こんなレギュラーを抱えてしまったのか?と脱力感の中で思う。

 

世の中には「朝型人間」と「夜型人間」がいる。

最近はとことん早起き族になっているが、こそこへきて「夜型人間」の仕事が貫入?してくるとまさに貫徹となる。

且つ、昨日はポカをした。

「吉田さん、今、参りましたが・・・」

携帯の向こうでいっている意味が分からず。

「え?」というと

「確か15時の約束でしたね」と。

アタマの中で真っ白となり「えーっ」。

せっかちで時間に厳しい(自己申告)自分としては大失敗の日であった。

先方には謝って謝って・・・

そして自分を嗤う!

 

まあ進め進めである。

春から始めた童話がいよいよ完成となった。

販売は10月中旬辺りからと思われるが・・・

案、構成から始まって長く温めた題材であった。

いよいよ完成した!

こんな安堵感で、何とか今夜はゆっくり寝ることにしよう。

 

 

 

戦後ヤミ市の勉強会&上映会

2017 年 9 月 27 日 水曜日

戦後池袋の「ヤミ市勉強会&上映会」のお知らせです。

第二次大戦後、池袋にはヤミ市が広がり戦後の池袋を発展させたもののひとつでもありました。戦後東京とヤミ市について、特に池袋での形成過程について勉強会を開催します。このテーマに関心のある方は、是非、ご参加ください。

【日時】9月30日(土)(16:00~予定)

その後、懇親会(希望者)を予定しています。

【会場】「IKE・Biz」(イケビズ)としま産業振興プラザ(旧勤労福祉会館)4階

豊島区地域活動交流センター会議室 ※所在地 豊島区西池袋2-37-4

http://www.toshima-plaza.jp/access/

【定員】20人

【会費】500円(資料代として)

 

【申し込み方法】

メールの件名に「としまの記憶「池袋 戦後ヤミ市」勉強会&上映会参加」とお書きください。

本文には「①参加される方のお名前(人数)②ご住所③職業④当日の懇親会の出欠の有無⑤連絡先(日中に連絡可能なもの)」を記入の上、下記E-mailアドレスに送信ください。

E-maii:npo@toshima-kioku.jp

※申し込み受付の締め切りは9月28日(木)16時まで。

定員(先着20人)に達した場合には担当者からご連絡を入れます。

※FAXの場合も同様の内容をお送りください。

050-3488-9494

オペラ鑑賞

2017 年 9 月 24 日 日曜日

かなり前から友人に誘われていたいたオペラ「トスカ」鑑賞。

気が付けば、「締め切り」「校了」と日々時間に追われいる生活をしている。

ゆっくりしたいと思っても、なぜかアタマの中はスケジュールでいっぱいであり、且つ、そにいろいろなアクシデント発生となる (笑)

・・・ということで、無事に会場に着くと不思議な安堵感に包まれた。

久しぶりの贅沢な時間が過ぎる。

あらすじは分かっていても演者によって舞台はかわる。

意識はその時代の時空へと旅立っている。

終了。

外に出ると、何か解放たれた自分の姿が見えた。

 

一息

2017 年 9 月 22 日 金曜日

友人が属している絵画のグループが一年に一回、上野の美術館で絵画展をする。

鑑賞しながらあれこれ言って、そして喉が渇いたねといって呑むビールの旨さ。

テーマは「海、船、そして空」にしたら?と。

今後はそれ一本に絞る!言いながら話が弾む!

写真:

いざ!美術館へ!

何とも不思議で可愛いオブジェの横を通りながら・・・

若者よ!エスカレーターに乗らないで

2017 年 9 月 21 日 木曜日

今まで沸々としていたことがあったが別段、誰かに言うということもなかった。

しかし、今日、たまたま話の中で「高齢者を小突いて割り込んでエスカレーターに乗り込む若者が多いのよ」ということを聞いて、急に「そうだ!」と思った。

若い人々よ、何故にエスカレーターに乗るの?

階段を使ってください。

加齢すると初めてわかることだけど、「ああ、エスカレーターに救われた」と心底思うものなんですよ!

どこも痛くも痒くもない若者の人たち!是非とも階段を使って下さい。

まして高齢者を小突くことは絶対禁止です!

 

夏の日が過ぎ・・・

2017 年 9 月 15 日 金曜日

まあ、なんと申しましょうか・・・

自分の力ではどうしようもないほど

まるで荒れ狂った海に投げ出されたような忙しさでした。

9月15日が終わる頃、連絡をもらいました。

入院されていた俳句の師匠が息を引き取られたと。

リハビリを始めて・・・の出来事だったらしいです。

脳出血といっても現代の医療だったら、蘇った人々もたくさんいます。

・・・というのにと思うと、「何故」という言葉しかありませんでした。。

ショックの楔が、ぎぐっと音をたてて心に打ち込まれました。

 

「なんだか、入院なんだよ~帯状疱疹かなと思っていたら、どうも違うらしいよ~」

入院した直後、そう病室で言っていた不安げな姿を思い出しました。

そして、なんと二か月間です。

 

とても几帳面な先生でした。

締め切り日については特にきつく仰いました。

 

俳句仲間に「検査入院します」とメールをだしたあの夏の日が過ぎました。

私たちに日本語の美しさを沢山教えて下さいました。

有難うございました。今は、ただただ感謝です。

どうぞ、芝田先生、安らかに。

 

 

今年のディナーショーは帝国ホテルで♪

2017 年 9 月 14 日 木曜日

神楽坂女声合唱団は今年で何年目?

2000年の12月に第一回の「クリスマスディナーショー」を実施。それ以降毎年、年末に繰り広げているわけであるから今年は18回目ということだ。

思えば・・・すごいなぁって。

きっかけが人と人とを結んで、何かが化学反応おこしている。

先般のレッスンの時、指導の先生が「あと三ヶ月」と。

その言葉にどーしようもなく「時間の経つのが速い」と思って身震いした。

今年のディナーショーの会場は何と!「帝国ホテル」である。

今年もチャリテイーのために歌うぞっ♪

めるまが発行に向けて、まあ必要なものは体力!

2017 年 9 月 13 日 水曜日

現在、ある月刊誌の執筆、編集をしているが、またまたある「めるまが」を発行することとなり、その編集も手掛けることとなった。「することとなった」というと何とも簡単に言ってしまうのだが、内容は月々変わるし、それも最も「旬」を捉えての情報である。

あれこれワアワア、皆忙殺の中、スケジュールたてた。スタッフの何を見るか?というと・・・実は「能力」ということよりも「性格・気質」である。

ややや・・・2018年の3月まで取りあえずととのえてみたが、果たして元気でいるのかしらん?なんて気持ちになるほど気分は追い込まれてくる。

テキトウに発行配信ということでなく「営業」を考えるとこれがまたね~結構、いろいろあってね~

いよいよ「性格・気質」っていうものがポイントになってくるわけである。四の五の言い訳いうのが絶対にダメである。しかし、みんなが「貴重面太郎」(笑)いてもしようもない。「テキトー」を尊ぶ連中ばかりでもダメである。「几帳面太郎」であり、且つ、「豪放磊落」なこと。こういう新規のものに関しては特に大切である。

兎に角!

あとは体力である!

台風18号

2017 年 9 月 12 日 火曜日

何とも!

台風18号の進路予報に変化が出てきたそうだ。

あれぇ~

本州にも影響が出るおそれがあるとか。

 

太陽フレア

2017 年 9 月 8 日 金曜日

空に太陽が輝いていること。

あまりにも多くのものを享受し、当たり前に過ごしている日々。

なんとも太陽の表面の爆発現象「フレア」が9月6日夜に観測された。

放出された電気を帯びた大量の粒子。

1万5000万キロメートル離れている地球と太陽。

人体への影響はない?というものの人工衛星の故障や大規模停電、GPSの誤差のトラブルがあるともきいた。

そんな折。メキシコ沖でマグニチュード8.2もの地震があったという。

地震の大きさというのは「震度」ではなく「マグニチュード」である。

可成りだ。

自然の脅威。