サイトトップ

5月 « 2016 « ichikoTV

2016 年 5 月 のアーカイブ

防災

2016 年 5 月 31 日 火曜日

時間があったら考えておいたほうが良いことは「防災」。

国土交通省関東地方整備局が、多摩川など首都圏を流れる河川で最大規模の洪水が起きた場合の新たな浸水想定を公表。とくに関東地方を流れる5つの河川とその支流で浸水が想定されるエリアや浸水の深さなどが公表されたのだが、最大規模の洪水が起きて荒川が氾濫した場合、東京と埼玉の56市区町の約966平方キロメートルが浸水するとされるらしい。

浸水の深さも荒川流域の東京都北区・JR赤羽駅前では88センチから2メートル40センチに、多摩川が氾濫した場合の神奈川県・JR川崎駅周辺では1メートル90センチから4メートル30センチと、当初の想定よりかなり増えている。

 

元気な顔にほっ♪

2016 年 5 月 30 日 月曜日

今宵は定例の「め組」の会。相変わらず元気な顔がR40の新規店舗へ集合する。政治、病気、介護・・・人の世はいろいろな話題が盛りだくさんである。

暮れなずむ青山の街。

ワインに揺れる想い。

http://www.bar-r40.com/

 

山という恐怖

2016 年 5 月 29 日 日曜日

昨日に引き続き、渡島管内七飯町の山林で行方不明になった小学生の男児の行方がいまもってわからない。山で1分動いたとしたらと思うと身の毛がよだつのだ。それほどに山の道は方向感覚を狂わせる。とにかく想定できる場所、行動、そして、もしや?も含めて何とか探し出してほしいと願うばかりである。

 

しつけ

2016 年 5 月 28 日 土曜日

やはり「社会問題」なのだろう。

世間のニュースで一番心が痛むのは子どもへの虐待。

「しつけ」とはいうもののやはり常軌を逸しているといか思えない「しつけ」があることは確かだと思う。

5月28日、北海道七飯町東大沼の山林で行方不明になった小学校2年生の男児のことが気にかかる。

これもまた「しつけ」のために両親に置き去りにされていたという。

「世間体が気になって」という親の言葉を聞いて唖然とした。

いうことを聞かないといっても8歳くらいの男児を山に置き去りはまずい。

大人であってもなれない人間は本当に山では迷う。

方向感覚がまるて違ってくるからだ。

沢にでもおちたら・・・

北海道の山にはヒグマもいる。

自分も本州の某山中で、ツキノワグマに遭遇した時も、「人生、これで終わりか」と覚悟したこともある。

本当に低い山でも、方向というか、感覚がなくなりなかなか下山できなかったこともある。

山を甘くみてはいけない。

男児が2~3分でも歩き出していたなら、山中を迷うことになる。

早く!助け出してほしいと願うばかり。

多くの親御さんへ本当に「しつけ」について考える時である。

 

活弁士ハルキさん

2016 年 5 月 27 日 金曜日

活弁士ハルキさんのご案内です。

★川越スカラ座=第7回弁士・伴奏つき無声映画上映会

6月4日(土)午後6時開演

上映作品『ロイドの要心無用』1923年アメリカ作品(67分)

監督/サム・テイラー & フレッド・ニューメイヤー

主演/ハロルド・ロイド、ミルドレッド・デイヴィス

弁士=ハルキ、伴奏音楽=新垣隆

料金=前売2000円・当日券2500円

◆御問合せは 川越スカラ座   TEL/FAX 049-223-0733    メール info@k-scalaza.com

詳細は  http://event.k-scalaza.com/?eid=1264399

・前売券、好評販売中! 残席僅少とか。お急ぎください!!

・今回もメール、FAXで前売券のお申込みが出来ます。期限は5月30日(月)AM10:00までです。

直接、川越スカラ座さんへ御連絡下さいませ。

・川越スカラ座さんでの無声映画上映会では〝初〟の長篇喜劇です!

 

また 富山・フォルツァ総曲輪 8月28日(日)決定。

活弁+ピアノ伴奏付無声映画上映会 ハルキ&新垣隆 再びということで上映作品『オペラ座の怪人』

・詳細は後日!

伊勢神宮にG7首脳集う

2016 年 5 月 26 日 木曜日

いよいよ安倍 晋三首相は5月26日、伊勢神宮での主要国首脳会議に参加する主要7カ国の首脳らを出迎え、サミットの一連の公式日程がスタートした。

第四期総会が無事終了

2016 年 5 月 25 日 水曜日

「としまの記憶」をつなぐ会の第四期総会を実施。

そうか・・・第四期を迎えたか!という気持ちである。

今後は決してルーテインで物事を考えずに・・・

進めて行こう。

あの日

2016 年 5 月 24 日 火曜日

某私鉄沿線で。

次の打ち合わせまでに少しだけ時間があった。

2分の1時間。

小さな駅の駅前にある喫茶店。

大好きなコーヒーを注文する。

奥の席に腰かける。

電車がホームに入ってくるのが見える。

ネットで小林カツ代のキッチンスタジオ便りを確認。

ここには時々、散文を載せていだたいている。

ふっと・・・過去へと遡っていくボタンをおす。

そこにはかっちゃんのメッセージがそのままあった。

日付は2005年6月24日。

ちょこっと宣伝・・・とある。

「マヨネーズってわっはっは」数週間で増刷

そうそう!

あの書籍のタイトルは・・・

あの日、浅草駅の階段をハアハア言ってのぼりながら

「私!思いついたのよ」とかっちゃん。

「ねえ?どう?」と付け加えた。

それに書店に並ぶ前だったな。

「しゃべっちゃうわよ」とラジオでしゃべっちゃってねぇ~

今思えば、あはは。

当時、使っていた小さな携帯電話は今、抽斗の奥にしまってある。

「増刷決定」と知らせたかっちゃんへのメールが残っている筈なのに。

今は、昔々、使っていた古いカタチの携帯電話でしかない。

悲しいとか、辛いとか、懐かしいとか

違うな・・・。

どんな感情なのか?

自分でもわからない。

胸の奥の奥のほうで

ただプチップチッと

ただプチップチッと

におい

2016 年 5 月 23 日 月曜日

最近、ふっと思った。

趣味だ、NPO活動などいろいろなグループがあるが、どうもその人々の「におい」が似ている。

「におい」の正体が一体なんであるかがわからないのだが・・・要はタイプが似ている。

特に感じるのは女性のタイプ。

時々、そのグループの女性の名前を「あれ?」と勘違いすることがある。

それほど「におい」が似ている。

 

それは、料理に似ている。

例えば、野菜の煮物があるとする。

イモ、ニンジン、ネギを煮物にしたとする。

イモはほくほく、ネギもとろーりと甘くなり・・・

そこにもぎたての生のトマトが入っていると「あれ?」ということになる。

焼きたてのあつあつビッツアに、カツオのたたきがのったとしたら多分「あれ?」となる。

グループの「におい」とはそんなものだ。

ははん!

恋人とか夫婦ってなんか似てくるものがあるよなぁ~。

仲良し家族もそう。

それが「におい」なのだろう。

 

夏休み

2016 年 5 月 22 日 日曜日

急に真夏の暑さがやってくる。

出来れば、クーラーをつけたくない。

最初は気持ちが良いのだが、ずっとクーラーのきいた部屋にいるとどうも、カラダが冷えて、酷くなると吐き気がしてくる。

汗かきも汗はかいたほうがカラダには良いようだ。

ちょっと風を送りたい時、役立つのが扇風機。

部屋の風の流れを作るだけでも役立つ。

いいね~扇風機。

回ってる羽を見ると、昔々の夏休みの一コマを思いだす。

「涼しい朝のうちに宿題を早めにおえないとね」・・・

そう言われながら、虫とり網をもって虫ばかり追いかけていた夏休み。

奥にじんとしたものがこみ上げてくる。

 

カタカタと老体似たり扇風機