サイトトップ

9月 « 2020 « ichikoTV

2020 年 9 月 のアーカイブ

解決の糸口

2020 年 9 月 30 日 水曜日

2020年9月30日・・・朝のニュースでアナウンサーが「今年も残すところあと3か月となりました」と言っていた。その通りなのでが、妙な焦燥感を感じた。この2020年は一体、自分は何をなしたのか?と思うと・・・

9月29日の夜、菅総理大臣はロシアのプーチン大統領と就任後初めて電話会談を行った。「北方領土問題を次の世代に先送りすることなく、終止符を打たなければならない」と力強く考えを述べた。プーチン大統領は「平和条約締結問題も含め、2国間のあらゆる問題に関する対話を継続していく意向だ」と応じた。

巷では菅総理に対していろいろ言う人々も多い。しかし、では誰がいいのか?と言っても答えられる人は少ない。

拉致問題についてもいろいろな感じ方や想いはあると思われるが、解決の為に一歩でも前進したいものだと思う。当たり前の話ではあるが、人が年ごとに一年ずつ歳を重ねていくことが辛い。

フィッシング詐欺 気をつけてください

2020 年 9 月 29 日 火曜日

しかし!実に巧妙である。

何度も読み返したが、実に巧妙である。

朝一番でチェックしたメールにはある金融機関からのものがあった。内容を読んでいると「もしかしたら?」と思ったのだが不意に「もしや?」と思い、金融機関に直接電話連絡してその事情を説明した。

「お客様、それはフィッシング詐欺のメールですので削除してください。決してURLはクリックしないようにしてください」と言われた。削除する前に再度読んで見たが、実に巧妙である。

今日以外でも、証券会社、宅配会社、また通販サイトとあの手この手で来る。一度、クレジット会社のものに引っかかったことがある。内容に思い当たることがあり、情報を教えてしまった結果となった。しかし、再び、そのメールが立て続けにきて、さすがにおかしいと思い、クレジット会社に電話をして新しくカードを変更していただいたことがある。冷や汗ものである・・・

一度。警察で実施されたセミナーで、フィッシング詐欺の怖さは十分に知ったのだが、最近は本当に文面が上手すぎるのだ。本当に気を付けないとならない。

 

地球

2020 年 9 月 27 日 日曜日

問題が山積みになっている。

ひとつずつ解決していかないとならないのだが・・・

遅々としている日々が続く。

 

そんな時に、宇宙飛行士の毛利衛さんが解説している宇宙空間の映像を見た。それはハイビジョンの美しい映像だ。

「宇宙は真っ暗なんです」と毛利さん。その暗さは、多分、私がこれまでに感じたこともないほどの「真っ暗」なのだと思って見つめた。

その真っ暗な宇宙空間に目の覚めるような青い地球が見える。地球上の砂漠の色合いはみな違うことに改めて感動した。

青い海のに「あれ?」と思える形が見える。「まるい宇宙人が描いたような落書きのようですね」と毛利さんが言うのはなんと珊瑚礁であった。落書きのような大胆なあの形。美しい珊瑚礁には多くの生物たちがせ暮らしているのかと思うとまたまた感動である。

そして一瞬、茶色い天体が目に入る。

「私の故郷の余市(北海道)に沈む月です」という言葉に圧倒されて見続ける。ゆっくりゆっくりと月が沈んでいくのである。「今見ても感動しますね」と毛利さんの声が聞こえた。

月は静かに静かに沈んでいく・・・

 

真っ暗な宇宙空間に浮かぶ青い地球

こんな地球の上に人々が暮らす

それは余りにも幸運な出来事であろう

空気があり

自然があり

そこで人が人を愛し

慈しみ

悲しみ

助け合い

しかし

怒り

奪いあい

憎しみ

そして殺し合う

・・・

その連鎖である「人間」という一つの生命体の生き様。

もう何も怖くない・・・そう思えるほどの力をもらった。

 

コロナ禍

2020 年 9 月 23 日 水曜日

コロナ禍で自粛生活が続き、癒しを求めてペットを飼い始める人が増えていると聞いた。

しかし一方「やはり飼えない」と放棄する人も増えているらしい。ペットについては本当に迷惑な行動としか言えない。

しかし、このコロナ禍では自殺者の数が増えていることを問題としないといけない。

いろいろ見ていると近未来でいい、どんな未来になるのか?

ほーっと魂が抜けたように考え込んでしまう。

もうすぐ世界恐慌というけれど・・・

2020 年 9 月 22 日 火曜日

副島 隆彦さんの「もうすぐ世界恐慌 そしてハイパー(超)インフレが襲い来る」を読み終えた。

 

「新型コロナウイルスの感染が世界中に拡大し、世界の金融市場はパニックに陥った。コロナ大暴落だ。株価急落に危機感を強めた世界の中央銀行は、リーマン後と同様にまたぞろお札を刷り散らして、市場の動揺をおさえるのにやっきだ。しかし、金融市場は乱高下を繰り返し、いっこうに安定しない。新型肺炎のパンデミックは単なるきっかけにすぎない。世界中で実施されていた株の吊り上げ相場の化けの皮がはがされつつあるからだ。世界経済のインチキがこれから露呈してゆく。すなわちドル覇権の崩壊だ。」

そして、アメリカの衰退はのスピードを早めて、米ドルは紙切れと化すとまで書かれている。

多分ね、インフレにはなると思うが・・・今、何が必要なのでろうか?

 

誓詞

2020 年 9 月 21 日 月曜日

整理整頓といえば・・・

先般、お仏壇を整理していたら

古~いたたまれた和紙が出てきた。

一体何?

なんと!

今は亡き父と母の結婚の時の「誓詞」であった!

初めて見た!

 

しばし、不思議な感動に包まれたまま時間が経った。

うまい言葉が見つからないが・・・人生って本当にすごいものがある。

 

キャッシュレス

2020 年 9 月 20 日 日曜日

キャッシュレスの時代・・・

ひそかに感じていた一抹の不安はやはりその悪賢い輩たちが蠢きだした。その道に明るくない私なんぞ、本当にキャッシュレスは向いていないのかも~と思える。カンタン!便利!とはいうものの、いろいろな事柄のもネット上での取引など結構緊張して、疲労してしまう。

そんな中、いきなり!便利にしているペイペイが使用できなくなった。金融機関が「メンテナンス中」という表示。チャージも出来ない。びくともしない(笑)状態。結局は、現金処理となる。

以前、慌てている時に駅の構内でSuicaを紛失したことがある。手数料を書けても調査してもらったところ、その日のうちに全額いろいろ買い物をされていた。一瞬である。お見事と言えるほど。

「多分男だな」という買い物の仕方。そしてライフスタイルが浮かび上がったきた。多分ね・・・とショートストーリーも書けそうだ。しかし、呑気な事を言っている場合ではない!

クレジットカードも一時、数枚持っているほうがステイタスの時代もあったが整理したほうが良い。

そしてSuicaだなんだかんだは厳重に取り扱うこと。スマホケースにチャチャと挟んでしまうと紛失する経験あり。

デジタルの逆行となるが一冊のメモノートでいい。記載しておくことがいいことが最近分かった。本当にあとあと重宝するものだ。必ず、年月日を記入することが大切である。

あああ・・・社会勉強の日々である。

 

彼岸の入り

2020 年 9 月 19 日 土曜日

お彼岸の入りです。

いろいろいろいろと整理整頓しました。

先祖と今いる自分

こんな時にしっかり考えたいものです。

菅内閣発足

2020 年 9 月 16 日 水曜日

令和2年9月16日、菅内閣発足。新内閣が組閣され、総理大臣官邸にて、加藤勝信新内閣官房長官から閣僚名簿が発表された。

 

秋ですね

2020 年 9 月 16 日 水曜日

ある弔いの為に地方へ。

電車を乗り継ぎ、初めて降りる駅。

火葬場で骨になってしまうと本当に思い出しか残らないものなのだなと感じる。

稲穂がたれ、薄が、そさしてコスモスが風に揺れている。

間違いなく、季節は「秋」が到来している。