サイトトップ

3月 « 2014 « ichikoTV

2014 年 3 月 のアーカイブ

小林カツ代さん お別れの会

2014 年 3 月 31 日 月曜日

2014年3月31日(月)。帝国ホテル富士の間で『小林カツ代さんお別れの会』があった。祭壇というよりステージには満開の桜の中で笑っているかっちゃんの写真。献花をする。会場内には多くの書籍たち。そして愛用のキッチン道具も展示されていた。若かりし頃のかっちゃんの写真も多数展示。ただただ懐かしい。神楽坂女声合唱団はかっちゃんが心をこめて作詞した団「緑の星に」を歌う。元団員との懐かしい再会もあった会場。こんな日はくるのか?と考えたこともないことが人生にはある。いつも前向きでケタケタ笑っているかっちゃんにしんみりした気持ちは大敵と思って、みんなでワイワイとね。

 

「あっという間につくった料理はおいしい!なぜなら「気合い」が入っているから。」   小林カツ代

 

忘れませんね。いろいろなことを。駅の階段をハアハア登りながら「私、考えついたのよ、今」と編集中の書籍タイトルを言っていたあの日。「階段、登りきった時でいいって~」と言ってもハアハアとのぼりながら何度も言うかっちゃん。楽しかったね!可笑しかったね!

フライパンひとつあればどんな料理だってできる!と当時の私には信じられない魔法を教えてくれたかっちゃん。

「あんた、料理人になるわけじゃないんでしょ?ばかねぇ~それなら使いなさいよ」と野菜の皮むき器を勧めてくれた。どんなに料理がはかどったことよ。

次々と思い出されることを大切にしていこう。

忘れずにしていこう。

 

 

浅田真央さんの笑顔は美しい!

2014 年 3 月 30 日 日曜日

本当にやりきった!という笑顔は美しい。フィギュアスケート世界選手権・女子シングルで見事優勝した浅田真央さん。記者会見で少し休養が必要じゃないかと思うと話し、真摯な姿もものの考え方に更に感動する。5歳からスケートをはじめ、やめたいと思う時もあったという。いろいろな時間の中で自分と向き合ってきたのだろう。結論は急ぐことなどない。その笑顔は忘れないでほしい!

眠れぬ夜か・・・

2014 年 3 月 29 日 土曜日

政治には全く素人であるのだが・・・みんなの党の渡辺喜美代表の8億円借り入れ問題についての説明を見ているとただただ唖然としてしまう。もろもろの費用の説明のひとつに「私は酉の市が好きで熊手を買った」にはふきだしてしまった。昨年の酉の市で私も奮発して商売繁盛の為に1万円の熊手を購入した。それでも「ちょいと奮発しすぎたかな?」と思ったほど。勿論、ビックリするほどの熊手もあるようだが、何億円は必用ないであろう。

結成時からタッグを組んでいたものの2013年、たもとを分かった結いの党の江田憲司代表。28日には「政党助成金や、立法事務費の相談や協議も、代表からは、一切なかった。こういった個人的な借り入れについて、私も全く存じ上げませんでした」と発言している。

そもそも8億円を個人で何のために借り入れるのか?ましてや何をもとめてDHCの吉田会長も貸すものであろうか?借りた時期が全てを説明している。それに返済がもし助成金などといったとしたら言語道断である。しかし「選挙の為に使いました!」などスパッと言ったら政治資金規正法にひっかかり、渡辺さんの政治生命も完全におわりであろう。

もう江田さんの確執とか、内輪もめとか、泥仕合とかつべこべ言ったところでもうおわりである。疑惑の中、あれこれ理由を考えるより国民に対して、きちんと説明責任を果たすことが政治家であろうにね。多分、眠れぬ夜・・・とはこうしたことなのだろうなあ。

 

 

バチカン図書館

2014 年 3 月 28 日 金曜日

世界最古の図書館の一つといわれるバチカン図書館。なんでも、図書館に保存されている歴史的な文書約8万冊約4000万ページの手書き文献を電子化する事業をNTTデータが受託したようです。いかに保存を厳重にしていたも時間の経過とともに劣化は進む。こうした時はやはりデジタル化がベストなのでしょう!

「袴田事件」に思うこと

2014 年 3 月 27 日 木曜日

人生には成功もあれば失敗もある。鬱々とした日ばかりではないだろう。必ず明るい気持ちになる日も来ると信じている。しかし、捏造によって失われた時間は取り戻せはしない。袴田元被告の異例の即日釈放。死刑囚の再審開始決定と釈放が同じ日に行われるのは初めてというが、 約48年に及んだ袴田さんの失われた時間のことを考えれば、胸が痛む。捏造された疑い。ふつうの暮らしをする筈だった一人の人間が、死刑の恐怖の下で身柄を拘束されたことをにおける検察・警察の捜査手法への強い不信感は決してぬぐえるものではない。決して「もう終わったことだ」などとは思わないでほしい。

 

捨てられないものたち

2014 年 3 月 26 日 水曜日

以前、「断捨離」という言葉が流行した。その時には、それほど感じなかったのだが、モノを「捨てる」という行動・行為が実に難しい。何でも一応とっておくと妙な安心感があるものだ。それは「いつか使う」「いつか役に立つ」という感覚からか?特に、膨大なファイルの山に「フホォー」と大きなため息が出てしまう。こうしたことは気力のある時にしかできないものである。

ファイルの背表紙には「原稿資料」とあった一冊がデスクの奥の奥にあったものだ。また「何かに役立つだろう」ととっておいたものだろう。だいたい、原稿や、ゲラなどはその出版物がでて、たいがいは破棄する。最近は殆どがパソコンでの仕事。フォルダにとりあえずは分類をする。紙の資料は地域別、時代別などカテゴリー別に分類はするものの、ほいさっ~とデスクの上に置いて、時間が経つと紙袋に入れてしまう資料がある。これは?それにも漏れたものだろうか?思い切ってそしてファイルを開けてみる・・・「ああ・・・」と声が出る。いろいろな方の直筆原稿。パソコンの文字うちではない手書きの原稿。中には、原稿用紙に整然と書かれたものもある。その中にかっちゃんこと小林カツ代さんのゲラ直しのコピーが2枚あった。何年前のものだろうか?そうそう、あの時だ!と思いながら、そのゲラの赤字校正を見る。いや、読んでいた。元気いっぱいのかっちゃんの手書きの赤字校正。懐かしいやら・・・言葉が見つからない。来週あたまにかっちゃんの「お別れ会」がある。その前に出てきた原稿直しのコピー。心の中で何かが弾けた。

建築界最大のプリツカー賞受賞者坂茂さん

2014 年 3 月 25 日 火曜日

建築界最大の賞であるというプリツカー賞。今年の受賞者に日本人建築家、坂茂さんが選ばれた。なんでも日本人の受賞は2年連続。ここ5年ではや3人目の受賞ということである。坂茂さんは自然災害で住む家をなくした人たちのための仮設住宅のプロジェクトで知られ、何かの放送で拝見した時に感銘を受けた記憶がある。「坂」という苗字もその時、小学校の音楽の坂先生を思い出したのでとても記憶に残っているお名前なのである。建築もこの世界は全く知らないのでが、簡単で安上がりな、例えば紙とダンボールを使ったものが多く、この点もまた「日本の建築家」という感がある。

やはり実話は面白い!

2014 年 3 月 24 日 月曜日

誰でも一度は読んだことがあるだろう?『メリー・ポピンズ』。今、上映中の「ウォルト・ディズニーの約束」はあの人気者・ミッキーマウスの生みの親、ディズニーランドの創造主であるウォルト・ディズニーが映画製作50周年を経て明かされるかされる『メリー・ポピンズ』誕生秘話。原作者P・L・トラヴァースがあれほどまで映画化を頑なに拒んでいたとは・・・本当に初めて知った。映画制作の裏側を描いた感動物語などと月並みな言葉では勿体ないかもしれないほどの名作。

臨死体験

2014 年 3 月 23 日 日曜日

以前、作家の立花隆さんが「臨死体験」という本を出版して話題になったことがある。私の友人の児童文学を主に書いている作家のTさんがなんでも、児童向けに分かりやすい臨死体験の本を書くということで先般、「臨死体験をした人を知らないか?」と問い合わせがあった。いつも親しくさせていただいている陰陽五行の伊勢瑞祥先生が、その体験があるということを話したところ、是非とも会ってみたいということになった。

「臨死体験といえるのかなぁ?」と伊勢先生は言いながらも、取材の日、かなりノリにノッて?、本当に引き込まれるお話しをされた。もう本当に前に何度か、チラッと聞いたことがあって、そのままぼんやりと覚えていたことだが、改めてその体験話を聞くと不可思議極まりなく、人間ってなんだ?とそんなことまで考えてしまっていた。

取材後に、「ああ、思い出した。不思議な夢の話」と言うと、Tさんは「夢でもいいから聴かせてよ」と言った。忘れていた泉が湧き出るように、なんとまあ!不思議な夢の話があるのだろうかと自分でも思った。臨死体験はしたことはないが、自分ではしっかり意識があるのに不思議体験も何度も経験している。Tさんと別れた後、いろいろ思い出して書いていくうちにどうしちゃったの?というほど思い出した。ただもそれだけの話ではあるが、自分も本当の「死」の前に何を見て何を感じるのか?興味は湧いてきた。

 

『未来につなげ!東京都市開発プロジェクト』

2014 年 3 月 22 日 土曜日

東京MXテレビの企画で「東京オリンピック2020」へ向けて東京がどのように開発されるのか、番組が制作されたとのことです。タイトルは『未来につなげ!東京都市開発プロジェクト』。運河ルネサンス、東京臨海部開発、隅田川・内部河川整備計画、渋谷川・春の小川プロジェクト、など盛りだくさん。放送時間は30分ということです。ご興味のある方はどうぞご覧ください。

【放送予定】

東京MXテレビ 3月23日(日)21:00~21:30

再放送     3月29日(土)21:00~21:30