サイトトップ

「メディアは死んでいた」-検証 北朝鮮拉致報道 « ichikoTV

「メディアは死んでいた」-検証 北朝鮮拉致報道

変な言い方であるが現在「拉致」について知らない人は少ない。「拉致」という漢字もたいがいの大人は読めると思う。

しかし、当時・・・

日本国内では、長い間「拉致などない、でっちあげだ」と言われた。拉致があったと分かったとしても左翼マスゴミはそれくらいの人数に大騒ぎをしているなどどとして実に冷ややかであった。

産経新聞で連載していた「私の拉致取材-40年目の検証」が待望の書籍となった。日々、新聞を切り抜き、その事実を知るたびに如何に自分が何も知らずにぬくぬくとしてきたか!分かり、その記事に吸い込まれた。

1980年、北朝鮮による拉致事件をスクープして以来、拉致問題に取り組んできた一人の新聞記者が、40年目の真実を初めて語った。

しかし、今こうして時間が経過した中で、日本の社会が何故に北朝鮮の拉致犯罪になぜ気付かなかったのか。気付いてからも他人事だったのは何故かと思わざるを得ない。

そして唯一、国民への伝達の役目を果たすであろうメディア。あの日、報道各社は北朝鮮をめぐるトップ級のニュースを報じることなく産経、日経はベタ記事、朝日、読売、毎日、NHK、民放も問題視ゼロであった。つまり役割の放棄か。今さら言ってもしようがないが。

 

一人に記者は変人扱いされても只管取材を続けた。人はここまでなかなか出来るものでないと思った。

1997年の拉致発覚まで どんな気持ちでそれぞれのご家族の心痛を思うと涙が出た。

 

「メディアは死んでいた」-検証 北朝鮮拉致報道

著者・阿部雅美  産経新聞出版

内容は下記

第一章 日本海の方で変なことが起きている

偏った空気/夜回り/地方紙/富山県警/事件現場/オバQ/被害者証言/不審船/動機/読売記事/家出人/恋人作戦/共通点/接岸地/背乗り/掲載見送り/柏崎/夏の意味/1面トップ/宇出津事件/だまされ拉致/黙殺

 

第二章 メディアが死んだ日

お墨付き/続報/赤塚不二夫/遺留品破棄/辛光洙/フグ/任務完了/免許証/逮捕/李恩恵/88年3月26日/梶山答弁/幻/自責の念

 

第三章 産経も共産党も朝日もない

金丸訪朝団/ソウル出張/金賢姫/田口八重子/朝日・毎日訪朝団/共産党の同志/双子の情報/横田家/行方知れずの姉/裏取り/実名報道/安明進/反発

 

第四章 いつまで〝疑惑〟なのか

家族会/政治色/丁字路/政府認定/受賞スピーチ/不自然/漱石/土井たか子/テポドン/大阪/2種類の風/タブー/追跡/自爆スイッチ/ターニングポイント

 

第五章 金正日が私の記事を証明した

欧州ルート/U書店/1枚の写真/よど号/八尾証言/国会決議/不破発言/政党/電撃訪朝/謝罪/断定/潮目/蓮池家再訪/別人/潮時/朝日新聞/前兆/38度線/棘

 

第六章 横田家の40年

大きな組織/消耗/濃厚な足跡/不思議な国

 

 

コメントをどうぞ

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにGD image supportが見当たりません!

PHPにGD image supportが有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにimagepng機能が見当たりません!

PHPにimagepng機能が有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)