サイトトップ

素晴らしき!ノーベル医学生理学賞 | ichikoTV ichikoTV

素晴らしき!ノーベル医学生理学賞

スウェーデンのカロリンスカ医科大は2018年10月1日に、ノーベル医学生理学賞を京都大学・本庶佑特別教授(76)と米テキサス大MDアンダーソンがんセンターのジェームズ・アリソン教授(70)に贈ると発表した。

街では号外が配られ、人々は口々に「おめでとう!」と歓喜した。

本庶さんのグループが見つけたブレーキは「PD―1」という分子。新しいタイプの治療薬の開発につながる!その成果は、「オプジーボ」などの免疫チェックポイント阻害剤と呼ばれる薬に結びついた。既に臨床事例も多く「先生は神様なんです」とステージ4だった癌の患者さんが回復していく二ユースを見て「癌革命到来」と感じた。

かいつまんでみると「体内では通常、免疫が働いて癌細胞を異物とみなして排除するが、免疫細胞には自身の働きを抑えるブレーキ役の分子があるため、癌細胞はこれを使って攻撃を避けて癌が進行する。ブレーキ役の分子の役割を発見し、この働きを抑えて癌への攻撃を続けさせる新しい治療を提案」したのである。

これまでの癌治療といえば、外科での手術、放射線、抗癌剤が中心だった。髪が抜け、吐き気との闘いがあった。自分も家族、友人たちの悲しい闘いをどれだけ見てきたことか。そんな時、「人間には免疫というものがあるのら!何とかならないのか?」と漠然と思い続けていた。だからこそ、未来が拓かれたと思う。「免疫という力で癌を治す」という第4の道だ。見事!拓かれた!

おめでとうございます!

 

 

コメントをどうぞ

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにGD image supportが見当たりません!

PHPにGD image supportが有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにimagepng機能が見当たりません!

PHPにimagepng機能が有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)