サイトトップ

昭和の池袋へ! | ichikoTV ichikoTV

昭和の池袋へ!

いよいよ梅雨明け間近で、夏本番だが、既に、淑徳大学サテライトキャンパスの秋の講座の企画が終わったのでご報告します!

今回は「昭和の池袋を訪ねて」をテーマに3回シリーズ。“豊島区”に焦点をあて、時代は昭和へとさかのぼっていく。当時の池袋駅の様子、町並み、そして人々の暮らしはどうだったのだろうか?往時をしのぶ内容です。また、前回も好評であった、千早語り部部会のメンバーによる紙芝居。戦中、戦後のリアルなドキュメンタリーに触れ、“今を生きる”大切さと素晴らしさを再発見したいと思う。

 

豊島区・豊島新聞社・東京商工会議所豊島支部後援 

 「昭和の池袋を訪ねて」                        

コーディネーター 吉田 いち子

 【講座内容】

第1回 10月 4日:「人と人とがつながる優しい横丁」

中村規久代 (「人世横丁」元商店会長) 

 戦後から池袋を代表する飲み屋街「人世横丁」は青江三奈の『池袋の夜』の舞台にもなったと言われる横丁。当時の華やかな池袋の街の顔でありました。そこには、人々が集まり、絆が生れ、活気ある場でした。時代の紆余曲折を経て、歴史を歩んだ人世横丁の誕生から平成20年、戦後からの歴史についに幕を下ろすことになるまでを当時の写真・資料などを見ながらリアルに語っていただく。フィールドワークとして東池袋の碑まで散策し、当時の様子などを聞きます。その後、希望者は昭和レトロを感じる店で懇親会実施予定。(会費は別途)

 

第2回 10月11日:「 戦後の池袋駅と交通網

平井憲太郎(「エリエイ」代表取締役)

戦後間もない池袋駅の様子はどうだったのか?今日の巨大なターミナルとなるまで地域はいかなる変遷をしていったのだろうか?貴重な資料を見ながら、池袋駅周辺をめぐり、駅の発展と交通網の発達について聞く。

 

第3回 10月25日:新作紙芝居上演 『今を生きる』 

激動の昭和を生き抜いた人々の姿

豊島区に伝わる民話をもとにした話や、水や土など自然の大切さなどをテーマに紙芝居の上演を続ける「千早語り部部会」。この度、東京大空襲、疎開など戦前、戦中、戦後の体験をドキュメンタリータッチで描いた紙芝居『今を生きる』が完成。

          

【講師プロフィール】

第1回 

中村規久代(なかむら きくよ)

浅草生まれ。3歳の時に池袋へ。戦前、戦中、戦後と池袋で過ごす。戦後から池袋を代表する飲み屋街「人世横丁」。天ぷらの「○天」の代表でもあり、人世横丁の商店会会長を務めた。

 

第2回 

平井憲太郎(ひらい けんたろう) 

(株)エリエイ代表取締役・NPO法人 日本鉄道模型の会の理事長

1950年東京都豊島区生まれ。幼時から鉄道、鉄道模型を趣味とし、立教高校在学中の「鉄道ジャーナル」誌の編集アルバイトをきっかけに鉄道趣味書出版の世界に入り、1968年友人と共に写真集「煙」を出版。立教大学卒業後,1975年には株式会社エリエイより鉄道模型月刊誌「とれいん」を発刊、現在に至る。現在同社代表取締役。また、鉄道模型の業者とユーザーをつないで毎夏コンベンションを行うNPO法人 日本鉄道模型の会の理事長、ならびに豊島区をベースに民間ユネスコ運動を行うNPO法人豊島ユネスコ協会の代表理事も兼任している。

 

第3回 

「千早語り部部会」

豊島区に伝わる民話をもとにした紙芝居「小さい桶・むじなの恩返し」や「千川上水物語」など自然の大切さなどをテーマに紙芝居の上演を続ける語り部の会。メンバーは元気に豊島区で生活をし、リアルな体験談を次世代へ貴重な記憶として伝えていく活動を続けている。

 

 

★詳細と申し込みは淑徳大学サテライトキャンパスへ

http://ext.shukutoku.ac.jp/course/list/ct_1/

 

コメントをどうぞ

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにGD image supportが見当たりません!

PHPにGD image supportが有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにimagepng機能が見当たりません!

PHPにimagepng機能が有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)